上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ決戦の月曜日が来ました。

出来れば来て欲しくなかったけど、来てしまったからしょうがない、スーダンに向けて出発しましょうか。


スーダンへ行くには、道が無いから、バスが無い(道を作ってるから、もうすぐバスが走るらしい。)

すなわち、フェリーに乗るしかないのです。
このフェリーが曲者で、チケット買うのも一苦労、乗り込むまでに一苦労、乗ってからも一苦労。


出港は夕方だけど、朝9時には港に着いてないと、すぐ満員になって乗れなくなる。なるべく早く乗船して、寝る場所を確保しないと、とんでもない事になる。

とても楽しいウワサだらけのフェリーにいざ挑戦

まずは大雑把な地図を書いてみました。太い線が順路です。
地図1
スーダンフェリー12
地図2
スーダンフェリー15



スーダンフェリー1
朝8時アスワン発の列車で30分くらい。
ハイダム駅に到着。

まず、窓口1に並んで乗船券とパスポートを見せて40エジプトポンドを支払う。スーダンポンド払い不可。


スーダンフェリー2
こんな感じのゲートを通って第一関門突破。

スーダンフェリー14
押し合いへしあいしながらカスタムチェックを通って第二関門突破。


ようやくイミグレーションでパスポートに出国スタンプをもらう。
この時出国カード代2ポンド必要。


イミグレの建物を出たら、窓口2へ。

ここでまた乗船券の確認して、食事券をもらう。
そして無常にもポイッと捨てられる苦労して取った乗船券…
スーダンフェリー3


あとはこのフェリーに乗船して快適な場所を確保するだけ。
スーダンフェリー4


思ってたよりもすんなり乗れたぞ。船内はクーラー効いてるし、快適かも?

と思ってたら、後からどんどん押し寄せる人と荷物。
乗船口では人がもみ合って喧嘩している。
もう入り口なんぞ関係ない、船の横の窓という窓からガンガン積み込まれる荷物。

スーダンフェリー5
before
スーダンフェリー8
after


そして待つこと8時間、19時出港。

船の2階にある小部屋で、スーダンの入国スタンプを押してもらう。

そして食事して眠る。
スーダンフェリー6

夜中にクーラー止まって暑苦しい。

スーダンフェリー7
夜明け


スーダンフェリー9
朝9時頃にアブシンベル神殿が見えてきた。
スーダンフェリー10
3日前に行ったアブシンベル神殿。
アスワンから車で3時間半ほどのアブシンベル神殿。
フェリーで14時間かかったアブシンベル神殿。
ここからフェリー出せば良いのに…

スーダンフェリー11
これがウワサの難民船です。
足の踏み場も無いとはこの事。

スーダンフェリー13

なんやかんやで、ようやくスーダンのワディハルファの港に到着。
20時間ほどの船旅。(出港の待ち時間除く)

外国人達は船の2階の食堂で書類を書いて提出。
それと何か良くわからない紙をもらう。

それが終わるとようやく下船。


さぁ、スーダンの旅が始まる。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトスーダン行きフェリーガイド

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。