上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二胡で弾く曲のレパートリーに「ウマウワケーニョ」と言う曲があって、その曲はここウマワカ地方の曲なんですね。
ここでは路上演奏はやらないですけどね。


ウマワカ2
小さな町の中心には変わった形の教会があります。前の公園ではアルゼンチン人の旅行者がジャグリングの練習してます。
平和です。

そして、とにかく空が青い!


ウマワカ3
町を見渡せる丘にはでっかいサボテンがニョキニョキと生えてる。漫画に出てくる様なサボテンが。
俺にとっては、新鮮な風景が広がってました。


ウマワカ4
メルカドの隣にある看板に”ブエノスアイレス行きのバス650ペソ”って書いてあったので、チケット買いました。
出発はサンサルバドール・フフイからで、20時間程でブエノスアイレスのオンセと言う地区に到着するみたいです。

フフイのバスターミナルから出るわけじゃないらしく、乗り場を電話で聞かないといけなかったり、乗車前日に電話で乗車確認しないといけなかったり、ちょっと面倒です。
けど値段は普通のバスの半額なので。

ここでデポジットの100ペソを払って、さぁー、ブエノスアイレスまでのチケットは手配したぞ。


まだまだ時間はたーっぷりあるので、ちょっと裏山に登ります。
適当に進めば登れるでしょう。

ウマワカ5
ちゃんと展望台みたいな場所に出ました。
あまり高い場所じゃないけど、パノラマが広がってます。
天気も良いし、ここでしばらくのんびりして行こーっと。人なつこいネコもいるし。

しかしウマワカ渓谷、谷なのか?平原にしか見えんけど…


ウマワカ6
そこらじゅうに色んなサボテンが生えてます。
おっ、花が咲いてるねぇ。


昼にはテントに戻ってお菓子を食ってちょっと昼寝します。

で、また散歩。

ウマワカ7
ウマワカの町は観光地なので、いちいちオシャレな町並みです。
ボリビア国境はすぐそこなのに、国が変わればガラッと変わるもんですね。
さすがアルゼンチン。

ウマワカ8


キャンプ場に2泊だけして、移動します。
イルーシャと言う村の噂を良く耳にしてたけど、3時間かかるみたいで面倒臭くなったのでパスです。

なので次はプルママルカと言う町へ。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトウマワカ渓谷

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。