上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウマワカから10時発のバスでちょこっと。運賃32ペソ。
プルママルカと言う町にやってきました。

幹線道路から少し奥まってます。

早速キャンプ場へ向かいました。
1つ目の場所は50ペソで結構設備が整ってる。2つ目の場所は25ペソでバスケットコートの隣のただの空き地。

まぁ寝るだけだし、25ペソの場所にテントを建てました。俺以外に人居らず…ちょっと心配。


来る時のバスからも見えたけど、早速”七色の丘”ってやつを見に行きましょう。

プルママルカ1
おぉ!ワンダフル!

プルママルカ2
ちょっとした丘の展望台に登ってみる。3ペソ。

毒々しい色してるので、毒の丘と呼びたいと思います。

この丘を一周するトレッキングルートがあるので、行ってみる事にしましょう。
ツーリストインフォメーションで地図ももらったし、多分2、3時間あればゆっくり周れるでしょう。

プルママルカ3
この道をまっすぐ行く。多分。

プルママルカ4

プルママルカ5
七色かどうかは分からんけど、確かにカラフル。
ワンダフル。

丘は思ってたよりも小さいので、あっと言う間に一周終わりました。


物足りないので、川向こうの丘にでも登ります。

ちゃんと道もあるので、ひたすら登ります。

プルママルカ6
この丘からが一番眺め良いんじゃないか?


明日のフフイからブエノスアイレス行きのバスに乗る事をオフィスに電話しないとな。
電話屋さんを探すが、どこもやってない。もしくは断線。

最終的にツーリストインフォメーションで電話を借りました。

さ、電話して席も確保したし、明日のバスでブエノスアイレスに行くぞ。


バス乗り場に明日のフフイ行きのバスの時間を聞きに行ったら、何と

「明日はバス無い」と。

何だ?明日は祝日か何かでバスも動かないと…アルゼンチンよ…


じゃぁ今日中の便でフフイに行くしか無いじゃないか!確認しに来て良かったー。
最終便のチケットを買いました。

急いでテントをたたんで出発しました。キャンプサイトには誰も居なかったので、金も払えませんでした。
ごめんなさい。このキャンプサイト、セキュリティ大丈夫じゃないかもな。


無事、最終便のバスに乗り込めました。
フフイまでは3時間くらい。運賃60ペソくらい。

夜の22時頃にフフイの街の郊外にあるバスターミナルに到着。
でっかくて新しいターミナルです。

夜だし、明るいし、ここで1泊しときます。

ベンチで横になると警備員に起こされる。床で横になっても起こされる。
仕方なくバックパックを抱く状態で寝ました。

ZZzz…



翌朝、やけに静か。
そう、今日はバスすら動かない日、路線バスすら動かない日。

本日は5月1日、メーデーだと判明しました。

アルゼンチンよ…

街まで歩きます。
荷物担いで2時間程歩きます。


ドレーゴ通り沿いのバスターミナルの前にオフィスがあるみたいで、「ブエノスアイレス行き」の看板も出てました。
で、ここで直接チケット買えば500ペソ…ウマワカで買うと650ペソ…150ペソは手数料か。

せっかくだし、荷物置いて街を観光してきます。
出発まで時間はまだまだあるし。

フフイ1
店も開いてないし、車も人通りも全く無いし、感じ悪いので中心広場のカテドラルだけ見てきました。

あとはバスに乗り込むだけですね。
予定時間を大幅に過ぎて、乗り場も右往左往して、ようやくバスに乗り込む段階にこぎつけました。

荷物代とられます。1つ25ペソか…。


まぁ綺麗で新しい2階建てバスだし、ガラ空きで2席使えるし、一応ごはんも出るし。

何より思ってたよりも安くついたので良かった事にしましょ。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト七色の丘からBsAsへ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。