上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグアス居住区からバスで7時間くらい。運賃60000グアラニー。

パラグアイの首都アスンシオンです。また来ました。


じゃぁ、民宿らぱちょに向かいたいと思います。それにしても暑い!汗かいてしまうわ。

何だか懐かしい景色を横目に歩き、宿に到着。

今夜は空ベッドが無いみたいなので、居間のソファーで寝させてもらう事に。
そうです、今回も予約も連絡も無しにやって来たから。

それでも、ウランさん、わゆうさんは暖かく迎え入れてくれました。

一番の驚きが、娘のマナちゃんがめっちゃ成長しとる!

パラグアイ15,9
前は「あー、うー、まー」しか言わ無かったのにもう立派にしゃべってる。しかもスペイン語混じりで。

何だろう、ラパスのロープウェイ、ブエノスアイレスのメトロバスを見た時の感じ?

自分の目の届かない所でも、確実に月日は流れてるんだねー。


この世界に唯一つ平等な物があるとすれば、時間の流れかな。


パラグアイ10

アスンシオンの中心地に歩行者天国が出来てました。
何だろう、ラパスの…、ブエノスの…、マナちゃん…

時間は流れてるんだね。


そこで、ちょっとだけ路上演奏を試してみます。
稼ぎは、まぁ生活費くらいか…週末とかなら、人通りが多くなって良いかもな。


今回はあまりのんびりせずに、ボリビアに向かいます。

アスンシオンのバスターミナルから夜20時発のサンタクルス行きの夜行バス300000グアラニー、約60ドルです。
なかなか高いですな!

24時間で到着すればラッキーなんだとか。

どうなるでしょう?
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトアスンシオン再び

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。