上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ定刻通りにオルーロに到着しました。

オルーロ1
それにしても日差しがキツイです。

宿は駅を出て右へ真っ直ぐ歩いた場所にあったArojamiento ferrocarrilにしました。
ポトシの宿と同じ名前です。

初めての町なので、早速散歩。

オルーロ3
町のどこからでも見えるマリア像の建つ丘に登ってみましょう。

えっちらおっちら階段を登って登って、到着です。
裏側に車道もあったので、車でも来れるみたいです。

オルーロ5

オルーロ4
眺めはもちろん良いです。


オルーロには郷土料理があるらしく、食べてみる事にした。

メルカドの中に専門店がありました。
オルーロ2
これがオルーロの郷土料理”チャルケカン”です。(12ボリ)

リャマの干し肉と、とうもろこしと芋とチーズとゆで卵が盛られただけなんですが、これが美味い!

南米に来て初めてハマッた食べ物なんじゃないだろうか。
チャルケカン…チャルケカン、あぁチャルケカン。名前も良いよね。


オルーロには動物園があるらしいので、行ってみよ。

オルーロ6
入園料は50円くらいでした。

オルーロ10


オルーロ7
園内にはリャマやアヒルが放たれてるので、触れ合えます。
みんなお菓子を食べさせます。

オルーロ8
頑張れキツネ君?

檻に入ってる動物達にもお菓子が与えられます。
だから人が来ると近寄って来ます。

オルーロ9
家族連れやカップルで大い賑わうのどかな動物園内です。
市民の憩いの場です。
お菓子あげてます。

オルーロ11
大人気コンドルのコーナー。

の後ろで
オルーロ12
サルが脱走してました。
お菓子もらってました。


そしてこの動物園で一番お気に入りの動物

オルーロ14

愛くるしいフォルムのこの動物の名前は
”キルキンチョ”

普段は穴の中に隠れてるけど、お菓子を投げ入れると

オルーロ13
ヒョコヒョコと出てきて、お菓子をくわえてまたヒョコヒョコと穴に戻って行く。

動きも愛くるしいです。

多分ここの動物達の主食は客が与えるお菓子です。
プーマとかもお菓子食ってるかもな。


本日の締めくくりは夕陽を見に再び丘に登る事にします。

オルーロ15
マリア像の後ろのもう少し高い丘から夕陽を眺めました。

オルーロ17
ついでに夜景も。

オルーロ16



翌日、水曜日のオルーロはフェリア(定期市)の日だったので、仕事します。
夕方から夜にかけての路上演奏だったので、寒い寒い。

風邪ひきませんように。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトオルーロ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。