上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事にスーダン入国?

もう船の中でスタンプもらってあるから上陸?

です。

スーダンの最初の町はワディハルファ

このエジプトとスーダンを結ぶフェリーの港のために作られた町らしいです。


また地図書いてみました。やっぱり地図で見た方が分かりやすいですからね。
ワディハルファ6


船を下りると桟橋にバスが止まってるので、それに乗り込んでカスタムチェックの建物へ。
バスは無料です。と言っても、2~300メートルの距離を走るだけですが…


カスタムチェックには既に行列が!
でも我々は外国人なので、行列を横目に知らん顔して建物に入ろう。

そしてニコやかに挨拶しよう。
日本人なので、よっぽど怪しくない限り荷物をあけられる事無く通過出来る事でしょう。


ワディハルファ1

さぁ、建物を出たらもう何処へ行こうと自由だー!

両替屋も居るので、両替するならここでも出来ます。



ワディハルファの町の中心まではここから結構距離があるので、「乗り合いジープ乗るか。」と思ったけど、高い。

ゲートまで歩いてリキシャで行った方が安いと思う。
一台10スーダンポンドくらい。


何も無いって言うウワサのワディハルファの町。車押しがけしてる人々。
ワディハルファ4



さて、もう次の町までの交通は今日は無いので、
ワディハルファ一泊。

リキシャのおっちゃんオススメの宿、クレオパトラホテルは満室。

なので、近くの違う宿に。
室外の1ベッド10スーダンポンド(130円)マットレス欲しいなら5ポンド追加
暑いので、外でマットレス無しが良いかもね。



ワディハルファ2
第一回目の食事は
米とパンに肉と豆のタレがかかった飯
米とパンを一緒に食べる事など想像もしてなかった。



ワディハルファ3
丘の上から見たワディハルファの町です。思ってたよりも大きな町でした。

立派なモスクもあったし、隣にはバスターミナルもあって、綺麗な大型バスが停まってた。

なので、次の町までのチケットを予約しときました。



さてと、
宿に帰ってシャワー浴びて寝るか。

ワディハルファ5
このドラム缶から水を汲んで浴びる方式を
バケツシャワーと言います。



ワディハルファ7

おやすみなさい。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトスーダン上陸

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。