上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよペルーに行くと言うか、またペルーに戻る日がやってきた。

ボリビアよさようなら。

コパカバーナからプーノ行きのバスに乗り込みます。

いつもの国境でスタンプ押して、ペルー入国しました。


プーノの宿は最近お気に入りのオリャンタインにチェックインです。

さて、プーノに着いたから路上演奏しましょうか。
やっぱり音響良いから弾いてて気持ち良いし、立ち止まって演奏を聞いてくれる人も多い。


ある日、旅行会社の前に掛かってる看板に目が留まった。
気になる場所なので行ってみる事にします。

”チュクイト”と言う町。

プーノからコレクティーボで30分、運賃1,5ソルです。

あれ、ここボリビアとの往復で何回も通ってるな。
ボリビア国境行きの幹線道路沿いの町でした。

チュクイト3
道の真ん中の水路が良い感じの落ち着いた雰囲気の町です。

チュクイト1
町の中心にはカラフルで大きな…これは何の建物かな?教会かな?
青空とのコントラストがとても綺麗な何かの建物でした。

これを見にわざわざチュクイトの町まで来たわけじゃないですよ。

チュクイト2
広場の日時計。

これでもないですよ。


チュクイト5
インカの石組みっぽいチュクイト遺跡。入場料5ソルだったかな?

これ!

これを見に来たわけです。
あ、インカの石組みはどうでも良いです。

その手前のチンコです。

かつて男根崇拝してたんかな?どうなのかな?
普通の遺跡に飽きちゃった人にオススメです。

正に南米のチンコ遺跡と呼ぶにふさわしいんじゃないでしょうか。

チュクイト4
石壁に囲まれた内部にはびっしりとチンコ岩。
折れてるのが多いのが残念。

チュクイト6
チンコ岩を拝んで、触って、撫でまわして、抱きついとこ。
多分子孫繁栄とかにご利益あるんじゃなかろうか。

大きくなーれ!
固くなーれ!

ふぅ、何回もチンコチンコ言ってすいませんでした。


目的果たしたし、周辺を散策してからプーノに帰ります。

チュクイト7
チンコ遺跡の横の教会。
屋根が崩れたままでした。

チュクイト8
幹線道路沿いにあるでっかい顔。
何度も通ってる道だけど、気付かんかったなぁ。

ここでコレクティーボ拾って帰りました。

以上、チン…プーノから手軽に行ける遠足でした。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトプーノのチンコ遺跡

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。