上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーノとクスコのほぼ中間に位置する”シクアニ”にやって来ました。

もう何回もこの辺り行ったり来たりしてますね。

今回の目的は、布と温泉。

先ず布から。
シクアニからコレクティーボに乗って、”ピトゥマルカ”の村にやって来ました。
ペルーのクスコ近郊で、有名な布の産地と言えば、ここピトゥマルカです。あとチャワイティレも良く聞きます。

ピトゥマルカ1
今日(日曜日)はフェリアの日だと聞いてたけど、閑散としてました。


広場には目的の布は有りませんでした。

聞き込みの結果、

ピトゥマルカ4
教会の横のこの派手な色の建物に布があるよ。
と教えてもらったので、扉をノックしました。

おばちゃんとおっちゃんが出迎えてくれました。

中にはそこそこの数の布が山積みされておりました。
これらの布は、クスコに送られて販売されるらしいです。

ピトゥマルカ2
色々な布を広げて見てみました。

手織り、天然染め、沢山の色を使ってて、模様も細かい。
値段は、上の写真のサイズで200ソル前後。

フミちゃん1枚お買い上げー。
俺は今回はパスです。これは!!ってピーンと来るものが無かった。

ピトゥマルカ3
こちらは、多分「こんなんも出来まっせ!」的なノリで織られた物だと思う。

値段はビックリする程高いです。


ちょっとがっかりだったピトゥマルカでした。
もっと飽きるほどの布が見れるかと思ったんだけどなぁ。

シクアニの町に戻ります。

そこからプーノ方面に向かう途中にある温泉に行きます。
コレクティーボで30分くらい。

シクアニ1
「アグアスカリエンテス」もしくは「アグアテルマレス」と言えば通じます。
ここで降ろしてもらいます。

線路の向こうが温泉施設です。

中に宿泊施設もあり、1泊+温泉入り放題で15ソルでした。

シクアニ2
至る所でボコボコと湯が湧き出してます。熱っついです。

部屋に荷物を置いて、水着に着替えてお待ちかねの入浴タイム。
外はめっちゃ寒いです。

プールみたいな大浴槽が6つくらい有りました。
別料金で個室もあるみたいです。我々日本人は露天風呂で大満足なので個室は行かない。

湯温は全体的にヌルい。
湧き出してる湯はあんなに熱っついのに。外が寒いからか、冷めてしまうんやね。

長く入るには丁度良く、夜まで入ってました。


シクアニ3


翌朝も日の出と共に入浴タイム開始。
部屋出てすぐに温泉なのです。
でも、部屋出てから浴槽までが修行レベルの寒さなのです。

シクアニ5
寒い所から湯に入った瞬間の幸せな事よ!

シクアニ4
昨日、湯が入ってなかった浴槽に湯が入れられてました。

試しに入ろうとしたけど、熱っ!

無理無理、熱湯コマーシャルや無いねんから。

シクアニ6
丁度良い温度の湯を楽しみます。

温泉は、終始ほぼ貸切でした。


シクアニ7

帰りは線路を渡って幹線道路でバスが通るのを待ちます。
バスが来たらすかさず止めて乗り込み、一路プーノへ。

じゃぁ、またプーノに帰りますね。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトプーノとクスコの間にある温泉

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。