上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカは、なかなか大きな町です。

宿はアルマス広場の近くのタクナ通り付近の宿にします。


博物館に行きます。
この辺のデザインはすごい奇抜です。全員がトランス状態だったとしか思えない。
写真は無し!

頭の長~いミイラもありました。


イカの周辺はブドウの産地なので、ピスコって言う酒で有名です。あとワインも。

ボデガと言う醸造所を見学出来ます。

一番有名な場所が
El catador(エルカタドール)

乗り合いタクシーで行ってみます。

イカボデガ1
ツアーのコースにもなってるので、たまに人がワーッと押し寄せます。

見学は無料、ガイド付きでした。

イカボデガ2
酒を入れる壺。
生産が機械化した今も使ってるのかい?

もちろん見学の後は試飲出来ます。

イカボデガ3
Torontel(トロンテル)
薄茶色でスモークの香りがする種類で、これのワインが気に入りました。買わんかったけどね。
真ん中に変なの写ってるけど、気にしないで下さい。ただのボトルです。

この辺にボデガが4箇所か5箇所くらいあるので、ボデガ巡りします。
次行ってみよー!


歩いて30分くらいの場所にあったRazo(ラソ)と言うボデガ。

イカボデガ4
居酒屋併設。
ここは見学は勝手にしてって感じでした。

イカボデガ5
ガラク…珍宝館も併設してます。
ガラ…アンティークな物が沢山ありました。

ここでも試飲出来ます。
パーフェクトアモールが有名な銘柄らしい。
ここのはちょっと渋みがあって口に合わんかったです。

また歩いて30分戻り、最初のエルカタドールの場所に戻って、隣のボデガのを試飲。

イカボデガ6
フルーツ等が入ったのもありました。

ふと思ったけど、エルカタドールの周りの4件は多分一族が別れたものだと思われる。

ケンカ別れなのか暖簾分けなのかは分からんけど。


地酒、地ワインって色んな場所にあるんですね。

さ、イカに帰って仕事しよか。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトイカでボデガ巡り

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。