上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も行く事になりました。

メンバーはかつてない大人数の7人パーティー。

音楽担当、俺
絵描き担当、フミちゃん
自転車担当、良平さん
アルテサニア担当、まささん
カメラ担当、みつこさん
料理担当、はるちゃん
元気担当、元気君


宿に必要無い荷物を預けてから出発。
ワラスからカシャパンパに行きます。
カラスからカシャパンパ行きのタクシーはこの人数居るので1台貸切で一人7ソル。

大人数って結構便利!

15、サンタクルス1
国立公園入り口の看板で昼ご飯食べました。

ここから谷底の道をグングン登って行きます。

15、サンタクルス2
ちょくちょく休憩をはさみながら。

15、サンタクルス3
キャンプ場まであと少しあるけど、すごく良さげな場所があったので今日はここでキャンプします。
明るいうちにテントを張って、各自やる事やっときましょ!

15、サンタクルス4
いつの間にかメンバーが1匹増えてました。
サンタクルス谷で出会ったから、「サンタン」と名付けました。

愛らしさ担当、サンタン

15、サンタクルス8
2日目の朝がやってきました。
標高もまだ3700mくらいなので、寒さはマシでした。

15、サンタクルス5
歩き出して間もなくキャンプ場到着。



15、サンタクルス6
湖を越え、しばらくこんな砂地を進みます。

砂地の道が終わると、そこからつづら折れの登りが待っている。

確か湖方面に行く道の途中から次のキャンプ場までの楽な道があったから、その道から行こーっと。


道間違えました。
もう一段上のつづら折れから曲がる道だったっぽい。

草を掻き分けながら登りました。みんなスマン!

迷子担当…

正規ルートに出て次のキャンプ場も見えてきたので、俺と良平さんと元気君は先にキャンプ場まで行きます。

15、サンタクルス7
テント持ってる3人は一足先に今日のキャンプ地にテント設置。

タウリラフ峰、アルテソンラフ峰、キタラフ峰、アルパマヨ峰を眺められる場所で、かなりきれいな場所です。
このルートで一番のキャンプ地でしょう。

それぞれの自由な時間を過ごします。


夜中、サンタンがテントの周りを走りまわる、吠えるまくる。
多分牛を追い払ってくれてたんだと思うんだけど、イヤもしかしたら他の犬と遊んでたかも。

頼む!静かにしてくれ!

安眠妨害担当、サンタン

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト2度目のサンタクルス谷へ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。