上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンチャコに戻って来ました。

チャンチャン7

今年もトルヒーヨで路上演奏の許可も取ったので、少し稼いでおきます。


仕事の合間に、チャンチャン遺跡に行って来ました。
観光でもして気分転換しましょう。

トルヒーヨとワンチャコの通り道にあるので、今日はバスを途中下車します。

チャンチャン6
入場料10ソル。

9世紀から、インカ帝国に滅ぼされる15世紀まで栄えたチムー王国の首都の遺跡で、ユネスコ世界文化遺産に登録されております。

アドベと言う日干しレンガで出来た遺跡で、かなりの規模です。
南米で最大規模と言われるほど広大な範囲に遺跡があるけど、見学出来るのは奥の1つだけ。

四方を高い壁で囲まれてるけど、外敵から身を守る為だったのかな?
1箇所だけある入り口から内壁へ入ります。

チャンチャン1
保存状態が悪かったんでしょう、綺麗に修復されすぎてる。

チャンチャン2
鳥の上の何?子供の落書きみたいな。
ちゃんと修復した結果のこのデザインなのかな?

チャンチャン3
風通しが良くなるように、所々網目状の壁で囲まれている。
下にある鳥のデザインはデジタル風。

チャンチャン4
ガラーンとした通路。


チャンチャン5
門番的な?

やっと行った、チャンチャン遺跡でした。


ついでにトルヒーヨの町でコンタクトレンズ購入。
ペルーは眼科に行かなくても、メガネ屋でコンタクトレンズ買えます。診察も必要無いから気軽に買える。

けど高んだこれが…

チャンチャン8
ワンチャコ海岸に夕陽が沈む。
ここの夕陽は何度見ても綺麗です。


さぁ、チクラヨに移動しましょか!

チクラヨのバスターミナルでフミちゃんと合流しました。


ここでも今まで行ってなかった場所に行っときます。

”シパン王墓博物館”
昔、父親に大丸百貨店で開かれてたシパン文明展覧会に連れてってもらった記憶あるなぁ。

15、チクラヨ
シパン博物館は撮影禁止。
持ち物は入館する前に預けなくてはいけませんでした。

最初にビデオを見せられて、それから自由に見てまわる。

かなりの数の展示物があるので、2時間でも足りないくらいでした。

ここで考えた。
南米大陸は長い間他の大陸や文化との交流が無かったから、発展速度が極めて遅かったと思われる。

色んな時代の文化の沢山の土器とか金細工を見てきたけど、時代を遡った頃に作られた物の方がクオリティ高い気がする。
発展が止まったどころか、インカ時代に一気に退化したんじゃないだろうか?

結論が出た。
インカ帝国…まるで原始人やね。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトチャンチャン遺跡、チクラヨ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。