上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミンド3
夜は雨が降りました。

このミンド近辺は太平洋からの風とアマゾンからの風と、アンデスの空気がぶつかる場所に位置してるため、非常に雨が多い地域です。
”熱帯雲霧林”と呼ばれています。

標高1700m、温暖で湿った土地には植物が大繁殖し、エサと隠れ家を求めて沢山の鳥達が集まって来ます。

そう!ミンドは”野鳥の楽園”なのです。


宿から歩いて1分くらいの場所にある「Descanso」と言うホテルが野鳥を餌付けしてるみたいなので、早速見に行きます。

ミンド12
宿泊客以外でも3ドル払えば利用出来ます。
注意点は、庭に出ちゃダメ、鳥を驚かせたり、大声出したらダメ。

もう近づく前から鳥の鳴き声とハチドリの羽ばたく音が聞こえて来る。

ミンド4
ハチドリに大人気のベベデーロ(蜜つぼ)。
無数のハチドリとスズメみたいな鳥が群がってます。

ミンド5

とにかく色んな種類のハチドリが居ます。

ハチドリ紹介しましょうか。
名前は間違ってるかもしれないので…ふ~ん程度に。

ミンド7
ハイバラエメラルドハチドリ

とにかく一番数が多くて、ウジャウジャ居た。

ミンド10
ラケットハチドリ

尻尾と足に特徴があり、一際小さなハチドリで、可愛いくて一番のお気に入り。
1匹しか来てなかった。

ミンド8
シロエリハチドリ

こいつもウジャウジャ居て、他のハチドリと喧嘩ばっかりしてた。

ミンド9
ミドリトゲオハチドリ

こいつも小さなヤツで、あんまり居なかった。

ミンド11
特徴的な模様してるけど、名前分かりません。

ハチドリ以外の鳥もやって来ます。
ミンド6
アマゾンオオハチクイモドキ

大きなヤツですが、名前にモドキとか付けるの止めたって欲しい。

ミンド13
ソライロフウキンチョウ



この日はずっとHotelDescansoに入り浸ってました。


翌日、朝早く起きて山の方のReserva las TANGARASに行く。

目的はGallo de la pena(アンデスイワドリ)とToucan(オオハシ)
早朝にしか見つけるチャンスは無いと言われたので、暗いうちに宿を出発。

2時間ほど歩いて到着。
入り口の看板には入場5ドルって書いてあるけど、無人なので勝手に入らせてもらいました。

ミンド14
巨大な植物が生い茂るジャングルの中を歩く。

結局、遠くの方にToucanが居ただけでした。
Gallo de la penaは多分見つけるの難しそうやな。

ミンド15
帰り道では青空も広がって来ました。
山側から見たミンド村は、果てしない緑の森に囲まれてました。

ミンド16
町に戻って来ました。

じゃぁ、今日もHotel Descansoに行ってハチドリ観察しましょか。

ミンド17


ミンド18


他のハチドリよりも一際大きな体だったけど、ケンカは強く無いみたいです。

ミンド20
ウロコハチドリ


ミンド22
チャイロハチドリ

こいつは1羽しか来てなかったので、レア!

ミンド21
ミドリユミハチドリ

こいつもレアキャラでした。しかも一瞬蜜を吸いに来てすぐに森の中に消えてしまうので、写真撮るのに苦労した。

ミンド23
ズアオエメラルドハチドリ

マジョリティーです。でもこのハチドリの色好きです。

ミンド26


ハチドリ以外にも、
ミンド25
名前分からん鳥。

ミンド19
せっかくの鳥達のエサを、リスが持って行ってしまいました。


最後に、
ミンド24
ミドリボウシモリハチドリ

レアキャラで、撮るの苦労したけど、ここで一番美しい色したハチドリでした。


ふぅ~ちなみに、

「鳥の名前は間違ってるかもしれないので!!」
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトハチドリ三昧

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。