上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチャ村のティンク祭りが終わりました。

遠くの方で夜遅くまで音楽が聞こえて来ました。

翌朝もいくつかのグループが残ってます。
そして時々いざこざが起こってました。でも殴り合いにまではならず。

ティンク30
ティンク終わりには、サトウキビを買って帰るって言う習慣があるのかも?
サトウキビ売ってるトラックには人だかり。
ほとんどの人が買ってました。

今日は、近くのポコアタ村でティンク祭りがある日なので、行きます。
帰り道なので、どうせ通るからね。

村外れの川原から乗り合いミニバンが出てます。本数は少ないみたいで、結構探しました。

で、すぐにポコアタ村に到着。
荷物をその辺の売店に置かしてもらって見に行きます。

教会の前に人だかりが出来てます。
眺めの良さそうな塀に登って見学する事にする。

ティンク33
ここでは革のグローブとヘルメット帽子を装着してる人が多かった。

ティンク32
警察が介入してないので、催涙弾無し。
鞭を振り回してお母ちゃん達が仕切ってます。

何がきっかけなのか分からないけど、時々「ワーッ!」ってクモの子を散らす様に人々が逃げ惑う。
で、また集まって殴りあいが始まる。
これの繰り返し。

ティンク31
足元には酔っ払い。
チャランゴを枕にしてどんな夢を見てるんかな?

サンタクルスの町から来たって言うボリビア人が声をかけてきた。
ちょっと前には、女同士、子供同士の決闘も行われてたらしい。
あー、それ見たかったー。残念。

ティンク34
こちら、ポコアタのティンクは、音楽とか踊りそっちのけで殴り合いがメインみたいな感じでした。

”祭りゲンカ”です。

ティンク35



荷物を預けてる売店のおばちゃん曰く、今年は現時点でマチャで2人、ポコアタで1人の死人が出たみたいです。

南~無~


今日もまた言うけど、ティンク祭りはピリピリとした緊張感につつまれる時もあれば、わきあいあいとした雰囲気の時もある独特な祭りでした。

この祭りを見るためにボリビアまで戻って来た甲斐があったってもんです。
満足しました。

じゃぁ、ラパスに帰ります。
ここからヤヤグワ行きのミニバンに乗ります。

夜7時頃到着。
晩御飯を食べて、ヤヤグワのバスターミナルからラパス行きのバスに乗って、ラパスに到着。
朝と言うか、夜中なので、バスの中でしばらく寝させてもらう。

明るくなってから宿に戻りました。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトポコアタのティンク

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。