上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後にやる事が残ってます。

去年からハマッってる

布探し


工業製品じゃなくて、

そのへんの土産屋の製品デザインじゃなくて、

手織りの一点物の布。


土曜日にクスコで行われる”バラティーヨ”と言う路上市に繰り出して探す事にします。

クスコ布1
規模は小さいけど、ラパスのエルアルトみたいに路上を市が埋め尽くす感じです。

で、肝心の布コーナーを探すのに苦労しました。
こっちで聞いたら「あっち」って言うし、あっちで聞いたら「そっち」って言うし…

ウロウロ歩き回ってようやく見つけました。
1ブロック分の道2本に民芸品屋と布屋が並んでました。

狙いは汚れがマシな古布で、デザインが気に入ったヤツ。
天然染めであれば、なお良し。

長い時間物色して、何枚か買いました。


次は、コリカンチャ神殿の横にある布センターに行きます。
ミュージアム併設の布屋さんです。

手織りで、天然染めで、新品の布が売ってます。
布の産地と織り手の名前も表示されてるから、品質は間違い無いと思われる。

主な産地は、”ピトゥマルカ””チャワイティレ””アチャアルタ””チンチェーロ””サントトマス”等
布によって柄とか色が違うのです。

クスコ布3
中ではおばちゃん達が織物してる。
ウルバンバ川の北の方にある”アチャアルタ”って言う村から来たみたい。

店の商品もアチャアルタの布が多かったので、この店はアチャアルタ押しです。

クスコ布2


クスコ布4
とにかく、おばちゃん達の使用してる風呂敷のクオリティーが店の商品より遥かに魅力的です。

売ってくれるかどうか交渉したけど、ダメでした。チーン


最後にチンチェーロの市へ行って、布探しは終了。

結果、
クスコ布5
化学染めのオリャンタイタンボ柄 45ソル?
天然染めアルパカ毛の小さい布 10ソル?
とにかく柄が細かい腰布 20ソル

クスコ布6
産地不明、大きめの布 30ソル
去年買った天然染めオリャンタイタンボ柄 40ソル
去年買ったアルパカ毛のタキーレ織り 40ソル

ご覧の通り、安い布ばかりだけど、満足満足。

これらの布とか荷物を日本に送って、

クスコを出ました。

ホステルエルプーマ1
いつもありがとうね、HOSTEL EL PUMA

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトとにかく布!

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。