上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝、オールをイカダに設置しました。
角材とオールを針金でガッチリ縛って、3mくらいの長さにします。
イカダ側にはエックスの形の土台を作り、そこにオールをはめます。
オールの角材と土台の接触する部分をなるべく丸く削ります。
完成。後々漕ぎ易い様に微調整します。

イカダを係留するための棒も拾って横に積んどきます。

あと、空のバックパックを持って町まで行って水を50ℓ買って来て積み込みました。
飲み水は買った水を飲む事にして、料理は川の水を使う事にします。

イカダ完成4
これがイカダの完成形になります。

イカダ完成図メモ↓
イカダメモ完成形



6月17日、正午出航!

係留ロープを解いて、先ずは歩いて本流まで引っ張る。

イカダ出航1
浮いてるのでそんなに力を使わないで引っ張れる。

本流の近くになったら、乗り込んでオールを漕ぎ出す。

が、このマナンタイ運河を出ると急に流れが出て来て、イカダが流され出す。しかも速い。
他の船とぶつかりそうになったり、しょっぱなから結構危ない目に遭ってしまいました。

近くに居た船が文字通り助け舟を出してくれて、沖まで引っ張ってくれる事になった。

イカダ出航2
早速お世話になりまーす。
お礼に5ソル払ったら喜んでくれました。

イカダ出航3

プカルパの町の近くはタンカーも多いし、流れも結構速いから、ペケペケ(小型ボート)に引っ張ってもらうのが正解です。
イカダの操縦にもまだ慣れてないし。


イカダ出航4
さようなら、プカルパの町。

ちょっと心配してた海軍基地も通過出来ました。

ある程度町から離れた所でボートとイカダを結んでたロープを外す。

ついに放流されました。

ここからは先はひたすら流れるだけです。
アマゾン川いかだ下りの長い旅の始まり。夢の始まり。

イカダを自作して出航出来たと言う事でもう既に達成感に満たされてしまったけど、本番はこれからなんです。

イカダ出航6
早速川が2又に分かれてて、地図には表示されてない左の流れに入りました。

やっとプカルパの町が見えなくなってきた。

流れはすごく穏やかで、歩くスピードくらい。

イカダ出航5
ちゃんとペルー国旗も設置済み。
これで風向きと風の強さも分かる。

イカダ出航7
プラヤ(砂浜)に停泊して、綺麗な夕陽を眺める。

さぁ!いよいよ始まった。頑張るぞ!!


初日の行程↓。赤い×が停泊地
アマゾン地図1
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトイカダ出航

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。