上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月21日

5時半出発。フミちゃんがオールを折る。
止まれそうな集落で上陸。おばちゃんの家の角材をもらって、とりあえずオールを直した。
陸の近くは吸血蝿が大量。かゆい。
2~3時間停泊してから出港。左手側に大きめの集落があった。
17時野営地に止まる。


イカダ13
縦割れのヒビが入った右手側のオールに針金を巻いて応急処置を施して慎重に漕ぐ。
航行中、オールにトラブルが起こる事、イコール操縦不能と言う事なのでとても危険です。オールは大事にしましょう。

大型船(ランチャー)が近くを通るけど、波はそれ程大きく無い。ゆっくりフワフワ揺れる感じ。

逆にスピードボートの波は、小さな船でも大きな波が来る。床上浸水まではしないので、安心。

まぁ、船の起こす波は大した事無いって事です。

行程↓
アマゾン地図2



6月22日

5時半出発。天気はくもりで、風も強い。
カーブ外側に押し付けられて動けなくなった。ガケ崩れの心配も無さそうな場所だったので、釣りをする。
動かなくなったらあきらめる事も大切である。自然が相手だから、どうしようもない。
40cm~50cmくらいのナマズが釣れた。今までで一番食べごたえがあった。
強い流れの支流に入って、流れが落ち着いたプラヤで止まる。
17時停泊。民家が近くにあるからか、蚊の量がすごく、音が鳴っていた。蚊帳が無かったらと思うとゾッとする。


イカダ14
重さは無いけど、そこそこ引いた。
これぐらいのサイズだと、当たりも”ピクピク”じゃなくて”グッ”とくる。

イカダ15
いけす一杯のナマズ。

イカダ16
炭火をおこして焼き魚にする。

イカダ17


イカダ18
食後にもこんなヒョウ柄のナマズが釣れた。
もちろん食うてやりました。

食後に風が止んだので、出港しました。
支流の入り口は流れが速く、しかも立ち木が多い。
イカダの操縦に気が抜けなかった。

川幅が一気に細くなる砂浜を過ぎると急に流れがゆっくりになって落ち着いた。

イカダ19
支流に入った停泊地でもそこそこの大きさのナマズが釣れた。

行程↓
アマゾン地図3



6月23日

6時頃出発。気温低い。
向かい風とかあったけど、順調に進む。ショートカットが有り、結構進んだ。
カーブがゆるくなり、両岸がガケの場所は、深さがあるのか流れがとてもゆるやかだった。
17時半停泊。


イカダ20

イカダ12
出発すると、すぐに本流に戻った。
後ろ向き。右側の流れを流れて来た。


行程↓
アマゾン地図4


6月24日

5時45分出港。朝はキリで視界が悪く、船にぶつからないか心配だった。
キリが晴れ、順調に進み、15時にコンタマナの町に到着。
川岸にイカダを停めて買い出しに上陸したけど、祝日で店は全部閉まってた。
結構立派な町で、モトタクシーが走りまわり、信号機もあった。宿、ネットカフェ、銀行も有り。
今日はゆっくり休む。


イカダ21
右岸の前方にコンタマナの町が見えてきて、建物も多く見かける様になってきた。
流れはとても遅くて、なかなか近づかない。


イカダ22
大きな町です。
やったー!コーラが飲める!

イカダ23
アマゾンの民族衣装もなかなか面白いかも。

行程↓
アマゾン地図4

イカダメモ↓
イカダメモ停泊2
これ以外にも停泊のパターンはあると思うけど、プラヤでの停泊は主にこの3パターン。

崖側は崖崩れや倒木の危険があるので、必ずプラヤ等のなだらかな場所に停泊する事。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトアマゾン川いかだ下り6/21~6/24

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。