上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回も言ったが、エチオピアは移動が面倒くさい。


アクスムから次の目的地ラリベラへ移動です。


また朝早くまだ真っ暗なうちからバス停へ。
バス停の門がまだ閉まってるうちから門が開くのをまだかまだかと待つ。

そして、門が開いた瞬間バスに向かってダッシュ!
一人が荷物を屋根に上げる、そして一人が席を確保。

こういう時、一人じゃなくて本当に良かったとつくづく思いました。
無事バスに乗り込んで出発。

でもね、このバスはラリベラ行きじゃなく、途中のメタマと言う町が終点。
そこからまた何度か乗り継がないとラリベラには行けないのです。

ラリベラ1
途中、グランドキャニオンのような渓谷(見たことないけど)

今日の道は舗装されてたし、しかもシートが僅かに柔らかかったので、快適でした。

昼頃にメタマ到着、そこから少しでもラリベラに近づけるようにミニバンを探す。

その辺のドライバーが言うには、どうやら次はラマタと言う町まで行けば良いらしい。

ここで、問題が!
次のラマタまでは170キロ、エチオピアでは、ローカルのミニバンが走っても良い距離は150キロまで。
このままでは違法になってしまう。俺達じゃなくドライバーが!

そこでドライバー曰く、「ポリスの検問所でどこ行くのか聞かれたら、コルンて言うんだよ」と。
きっとコルンはぎりぎりセーフの町なのだろう。

検問所で一度チケットを見せたけど、ちゃんとコルン行きのチケットになってた。



そんなこんなしながらラマタに到着。
日が暮れたので、ここで時間切れ。
ラマタで一泊。


今日こそは!とラリベラを目指す。

朝から道でミニバンを止めようとしたけど、つかまる気配が無いのでバスターミナルへ。
ここから次のウェルディア行きに乗ってウェルディアから、いよいよラリベラへ。

ラリベラ2
相変わらずのスシ詰めバス。

夕方になって、ようやくラリベラに到着。
あぁ、遠かった。2日間移動しっぱなしで疲れた。

恐るべしエチオピアの移動。



ラリベラ8
ラリベラの中心地。もっと栄えてるかと思ったけど、小さな町でした。
ラリベラ9
むしろ素朴。

次の日、
マーケットの日じゃないけど、小さなマーケットがあるらしいので、ちょっとぶらぶらしてみる事に。

ラリベラ4
やっぱり閑散としてるねぇ。

ラリベラ6
働いてるのは大概女性。男は??

ラリベラ5

この辺りの女性は顔に刺青をしてるんですね。
十字架とか。

ラリベラ7

鉄材で作った十字架を持つ老人。
なかなか良い雰囲気をかもし出していました。




次はまたまた世界遺産、ラリベラの岩窟教会に行くの巻きです。

チャオ!
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトはるかなるラリベラ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。