上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の朝、イカダを検問所に置いて最低限の荷物を持ち、タバティンガに戻る事にする。

一人の若い軍人さんが色々手伝ってくれる事になった。
彼も冒険が好きで、若い頃仲間達とゴムボートで川を下った事があるらしい。その時は出発してすぐに滝に落ちたそうな…

彼が言うには、タバティンガの海軍に話をして、許可さえもらえば川下りを続行出来ると。
続行できる?期待してええか?ええのんか?

イカダ210

昼頃に海軍のスピードボートに乗せてもらう事になった。

小さなアルミ合金製の船に200馬力のエンジンが2台。
そりゃ速い船で、多分アマゾン川で一番スピード出るんじゃないだろうか。

犯罪組織を逃がさない為。そして機関銃の台座も付いてたので、いざと言う時は戦うんでしょう。


プロスペリダードの検問所からタバティンガまでわずか1時間20分で到着。
イカダで3日間かけて流す距離をスピードボートは1時間20分て!

イカダ211


船から降りてすぐに海軍基地へ向かいます。
付いてきてくれた若い軍人さんが英語を話せるので、ポルトガル語と通訳してもらいながら話を進める。


そこで出た答えは、

許可出来ない!

でした。

今年に入って水難事故が多く起こったのが原因らしく、直近でスイス人のグループが沈没して死亡したみたいです。
あと、ブラジル側は麻薬の密輸ルートになってるみたいで、犯罪も多いのだとか。
だからアマゾン川を冒険する事に対してブラジル政府はすごく厳しくなってました。

出された紙に書かれた川下りの許可をもらう条件はザッと数えて14項目。
その中でも目に付いたのが、

・川下りの綿密な計画書
・イカダを操るたのめエンジンが付いてる事
・衛星電話を備え付けてる事
・水深を測るソナーが付いてる事
等々、豊富な資金源のあるグループやないと無理やんかって言う条件がびっしり並んでました。
(ナショナルジオグラフィックはこれを全部揃えて川下った。金の力よ…)

ウチのイカダが備えてる物ほとんど無ぇ!
って言うか、これ揃えて下っても冒険じゃ無ぇ!

100歩譲ってエンジン取り付けたらどう?
って聞いたけど、他の条件も満たさないとダメの一手張り。


あぁぁー、無理ー、許可もらうの無理、検問突破も無理、多分蜂の巣にされる。

アマゾンかわイカダ下り、、ハァ、、終了。

でも、何か逆にスッキリした。
だって許可もらえる可能性が万に一つも無いんだもの。


気を取り直してアドルフォの家に向かうと、ジャコモのイカダがまだ停泊してた。

今夜は彼のイカダにお世話になる事にして、明日ウチのイカダをここまで引っ張って来ようと言う事に。
せめて最後はお世話になったアドルフォにイカダをプレゼントしよう。


朝、アドルフォに紹介してもらった若い兄ちゃんと船が迎えに来てくれた。
ガソリンを10ガロン約40ℓ買ってプロスペリダードの検問所まで川を下る。

約3時間で到着。

そこでイカダをロープで船に括り付けて出発。
本来はイカダを引っ張るのもサルベージ船をチャーターしないとダメって海軍の責任者から言われてたけど、若い軍人さんが話を通してくれてOKと言う事に。

さぁ出発!

ダッダッダッダッダ、、、

ダッダッダッダッダッダッダッダ、、、、、

一時間後、まだ検問所が見える位置。
距離にして5kmちょっとか?


これは

イカダをタバティンガに持って行くのも無理!
船の兄ちゃん曰く、これでは明日になっても着かない、ガソリンも足りない。
集落の家族にプレゼントしたらどうだ?と。

仕方無い、そうしよう。

岸に着けて、崖を登った場所にあった家の主人と話をして、イカダをもらってくれる事になった。

イカダ215
イカダの荷物を全て船に移す。

イカダ212
これでイカダともお別れなんだな。

最後に我がイカダを隅々まで見て回った。
一つ一つの部分に思い出がよみがえる。


出発地のプカルパに着いたは良いけど、何からして良いか分からなくて途方に暮れたな。
土台のトッパ集めるの大変だったな。
木を運ぶの背中痛かったな。
汗まみれ泥まみれになりながら木を切って組み立てたな。
でも完成に近づいて行くのが嬉しかったな。
そしてすごく良いイカダが出来たな。



イカダ213
船を出してもらうと、あっと言う間にイカダが遠ざかって行く。

これで本当にお別れなんだな。

イカダ214

さようなら、ありがとう。
ここまで俺達を運んでくれてありがとう。
雨風をしのいでくれてありがとう。
ワクワクした日々をありがとう。
人生に残る旅をありがとう。

さようなら。


涙をこらえたけど、目は赤くなってたと思う。声もうわずってた。




タバティンガに戻って来た。
ジャコモのイカダに戻って来た。

イカダ216

イカダ217


しばらくここでお世話になる。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトイカダ下り、終~了~。そしてイカダさよなら。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。