上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてと、これから先の事考えましょか。

イカダ220


またここで一つの問題がある。

サルのエテキチ君の事である。
俺は出来ればイカダ下りが終わった後も一緒に旅して、検疫の許可をもらって日本まで一緒に帰るつもりだった。

しかし、ブラジル政府はそれも認めてくれなかった。
霊長類の移動は一切ダメって事らしい。


参ったねブラジルに来てから何もかもダメになったね。

我々に残された道は、エテキチをタバティンガの動物園に預けるか、この辺のコミュニティでもらい手を捜すか。
動物園には預けたく無い。どこかのコミュニティで良い家族を見つけて引き取ってもらう事にしよう。

俺の無知のせいでエテキチをここまで連れて来てしまったのは言い逃れ出来ない事実である。

せめて良い環境を見つけてあげる事がエテキチに出来る最後の事だ。

イカダ221
良いもらい手が見つかりますように。




この頃、ジャコモのイカダでも問題が発生していた。

あんなに沢山居た乗組員達が次々と去って行ったのだ。理由はそれぞれあったんだろう。

イカダ222

そしてとうとうジャコモ一人を残してみんな去って行った。

ジャコモはこの先に進みたいらしいが、このサイズのイカダを一人で運行するのは不可能。

ある日、残された3人でこの先の事を話し合った結果、このイカダでプエルトナリーニョまで行って何日か過ごしてまたこの場所に帰って来ると言う事に決まった。

その後、ジャコモはこのイカダを一旦アドルフォに預けてイタリアに一時帰国する。
数ヶ月後に新しい仲間を集めて再び川を上る予定。


と言うわけで、俺はまだアマゾンに滞在出来る事になりました。


魚釣るぞー!

イカダ218
ジャコモが釣ったトゲトゲのナマズ。
超硬いし、トゲが超痛い。
でも美味しい。

イカダ119
俺が釣っためっちゃ重たいナマズ。

のほほーんと釣り糸を垂らしてると急に竿がグイっと持って行かれた。明らかに大物のアタリで、15分以上格闘。
細い竿が折れないか心配しながら釣り上げた。最後は弱った所をフミちゃんにバケツですくってもらった。

イカダ223
炭火焼きにして食べましょ。

味は…臭かった。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトこれからどうすっか?

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。