上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月6日

イカダ上り18
エテキチは犬が苦手。でも触ってみたい。
朝からイカダの上は動物園。

川を横切って右側の岸に寄って進む。もうペルーとコロンビアを行ったり来たり。

昼頃に流れの緩い場所に停泊。
船があるから人が住んでる場所だろう。

イカダ上り14
この辺りは、少しでも岸から離れると猛烈に流れが早い。

「何だ、何だ?」と子供とお父ちゃんがやってきた。
こんなイカダが来たらそりゃ気になるわな。

イカダ上り25

イカダ上り13
ここの家族と仲良くなった。
お父さん、お母さん(プエルトナリーニョで仕事中)、大きな息子、小さな息子(何故か金髪)、11歳くらいの娘。

畑の作物と鶏の飼育で生計を建ててる。あ、あとお母ちゃんの出稼ぎ?

イカダ上り27


ジャングルを案内して、畑とかを見せてくれる事に。

イカダ上り15
男衆でジャングルに入って行く。
一人一本マチェテ(山刀)持参。お父ちゃんの背中にしょってる銃は、ジャガー対策だとか。出るんか?なぁ出るんか?

イカダ上り16
不安と期待とは裏腹に動物らしい動物は出なかった。


イカダ上り17
ここにはフルーツ、野菜が色んな種類栽培されている。
今はバナナ農園を開拓中らしい。

イカダ上り26
ユカ芋。

食べ物には困らないな。
小さな小川には透きとおった綺麗な飲み水も流れてたし、水にも困らんな。


こう言う生活もあるんだなー。

イカダ上り19
イカダではジャコモが子供達にビーズアクセサリーの作り方を教えている。

イカダ上り20
美人になるんだろうなー。
あ、イヤイヤ、可愛いアクセサリーが出来たね。


自然な流れでここに一泊決定です。


9月7日

イカダ上り21
朝ごはんを頂く。

イカダ上り22
子供達はエテキチをすごく気に入ってくれた。

この家族にエテキチを託すのがベストかもしれないな…


昼過ぎに出発。
目的地のプエルトナリーニョはもう目と鼻の先。

なんだけど、この辺りの流れが早くて時間くった。
場所によってはエンジンの馬力が足りず逆走してしまい、仕方なく川を横断してプラヤ側を進んだりした。

プエルトナリーニョの町は本流から支流に少し入った場所にあり、イカダ下りの時は立ち寄らなかった。

イカダ上り23
プエルトナリーニョに入港。川幅はとても狭い。
スクリューを水から出したりしてスピード調節しながらゆっくり進む。

町の中心から少し上流に進んだ場所に停泊。

イカダ上り24
今日も仕掛け網を仕掛けます。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトアマゾン川イカダ上り2

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。