上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラールからまたアディスアベバに戻ってきました。
帰りは何故か13時間かかってしまった。




それにしても、アディスアベバは寒い。

アディス5

老舗コーヒー店のTOMOCAコーヒー。
いつ行ってもビジネスマンとかでいっぱいの人気店。
いつもカフェマキアートを飲んで暖まってました。1杯7ブル(約30円)



アディス3

ちょっと興味あったのでマルカートと言う場所に行ってみた。
東アフリカで最大級の市場らしく、ここに行けば何でもあると言われている。


そして、この付近は治安の良くない地区で、怪しい人間がわんさかいた。

アディス2
棺桶屋さん。


アディス1
まさかのトタンで出来たモスク。

昼間はぶらぶらしても大丈夫だと思います。変な路地とかに迷い込まなければ…

アディス4

チャット屋さん。

チャットとは?何ぞや?

チャット1

覚醒作用のある葉っぱで、この辺りの男はみんな咬んでます。

チャット2

先っちょの新芽を口にほおばってくちゃくちゃと咬む。
ただ青臭い味がするだけ…覚醒せず。
ほおばったまま寝てしまって、起きたら口の中が葉っぱだらけでイラっとするだけ。



チャットもういいや。



アディスアベバで散歩すると遭遇する名物

それは「スリ」

スリ未遂に遭遇する事1日4回

僕の遭遇したのは次の2通り。

第一の手は、物売りの子供が寄ってきて、商品を入れる箱を体に押し付けてきて、死角を作って、そのスキにポケットをまさぐる。商品を入れる箱にはほとんど何も入ってないので、すぐにスリだと分かります。

第二の手は、歩道を歩いてると、わざと男がぶつかってきて、腕をつかんで押さえつけられる。そのスキに新聞を売りのフリをした別の男がポケットをまさぐる。


スリを警戒してたので、すぐにポケットをまさぐる手を払って「触んなっ!」って怒って事無きを得たけど。
もし巧妙なヤツが相手だったらスられるかもしれないです。


要警戒。

しかし2日後、本当に財布をスられる事になるのでした。

アディス6

さらばアディスアベバ。
きっともう来ないよ。

次はエチオピア南部へ。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト警戒レベル

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。