上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiの日記が空白だったので、書き加えます。



グゲ遺跡への道、それなかなか見つかりませんでした。

ツァンダの町へ着いたのは良いけれど、その先がなかなか見つかりません。1日中いろんな車に声をかけて、探したけど、結局見つからなくて、宿の部屋でどうしようか考えていた時、

「明日カイラス方面へ200元で行ってやる!」というドライバーがやってきて、

「朝、グゲ遺跡にも少しだけ寄って行く」と言ってきた。

もはや断る理由も無く、乗せてもらう事に。

西チベット17

グゲ遺跡とは、その昔この地に存在したグゲ王国の遺跡の事である。

そして、交通の便の悪さから、秘境中の秘境扱いである。

西チベット15

門番に入場料90元を払って、カギを開けてもらう。
僕、ドライバー、門番の3人以外は誰も居ない。

西チベット14

ほとんどの仏像は破壊されていた。
文化大革命の影響だろうか?


西チベット16




急ぎ足でグゲ遺跡を見て、カイラス方面へ向けて出発。

ドライバーは中国人なので、言葉は通じなかったけど、ジュースや食べ物をいっぱいくれた。
三菱パジョロに僕とドライバー2人だけだったので、ジェットコースターのような悪路でも快適だった。

西チベット18

来るときとは違う道を通る。
基本的にずっと絶景である。
遠くに雪を被ったヒマラヤ山脈が見える。

西チベット19

いくつかの峠を越えて夕方、ようやく大きな道路にもどったのだった。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトグゲ遺跡

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。